mama's voice 通園ママの声

その子の未来を見て育ててほしい

2016/06/30

最初、ADHDという病名がついた時は、みなさんもそうだと思いますが、まず私が認めたくなかった。

「他の子と同じように育てられないんじゃないか?」
「もし、障害児ならどこに行けばいいんだろう、誰に助けを求めたらいいんだろう」と、
ものすごく葛藤がありました。

助言してくださる先生や相談できる人がいてやっと考え方を切り替えられました。
ここでは、私が思いもつかない療育をしてくださいます。
今は小学校で1~5時間目まで過ごせています。

悩んでいるママがいたら、自分の見栄やプライドではなくて、
その子の未来を見て育ててほしいと思います。